admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にこぐさも水曜定休にしてから数ヶ月が経過しました。
ずっと不定休というあいまいな表記をしつつ、あまり休まず営業してきました

色々考えた結果、水曜定休を始めたのですが、
これが結果的によかったです。

「休まず営業」はお客様にとってもよいことだと思っていました。
まぁそんなのは私たちの勝手なオゴリでした。
吉祥寺のお店を休んで、仕入にいったり、二人でなければ行けない庭仕事などに
いく日もあれば、一日ゆっくり休む日もあり。
メリハリがあり、仕事と休みを切り替えられるようになりました。

市場に仕入に行く前に暑さしのぎに蕎麦を食べに奥多摩まででかけました。

なぜ、奥多摩?

一番行きたかった蕎麦屋さんはちんたらしたせいで着いた時には「今日のそば終了」の看板
仕方なく入った蕎麦屋さんがなかなかわれら好みでとても美味しかったです。
川魚も食べました。
車でしたので、ビールはがまん、がまん、がまん…

せっかく奥多摩まで来たので、
ちょっとくらい物見でもー
と、「日原鍾乳洞」へ行きました。

なぜ、鍾乳洞?
nippara02.jpg

むしむし暑い日だったのですが、
鍾乳洞の入り口から冷蔵庫のような冷たい風が!!
半そでのワダも凍りついています。

nippara01.jpg
中はどこから吹いてくるのかひんやりした風が常に流れていて
ほんとうに気持ちいいです。
探検者(本当にそう書いてある)のために蛍光灯が配置されているのですが、
その明かりがあるところに苔が自生しているのです。
ほかはありません。
ほんとにわずかな光でもこうやって生きるのですね…なんとけなげな

暗くて湿っていますが、ひんやり涼しい
そんな場所がこの苔(ハイゴケ・ヒノキゴケ・スナゴケを確認)がよろこぶのですね。

つららのような鍾乳石が3センチのびるのに200年かかるそうです。
なんとも神秘的な空間
中には水琴窟もあり、これまた神秘的な音が聞えます。

頭の中はドラク●のほこらのテーマが流れっぱなしです。
平日とあってしずかな洞窟はわれらの声がむだに響いてました。

nippara04.jpg

日原鍾乳洞

この夏おすすめのスポットです。
テーマ:旅と美味 - ジャンル:旅行


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 にこブログ, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。